阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅のパルスタイル|仕様・性能

MENU

ログイン

ABOUT Pal STYLE
パルスタイルについて

ハイスペックな施工品質と標準仕様

家族みんなを笑顔にする
「安心」「安全」「快適」なお家づくりを目指します。

Technology_01
日本の暮らしに最適な「木」の家

高い耐震性・耐久性を実現する『基本構造』

  • ①構造金物

    接合部を補強し、より地震に強い家をつくる重要な役割を持ちます。

    ホールダウン金物(柱と基礎を固定)/火打梁(梁のねじれ防止)/筋交い金物(柱と筋交いを結合)

  • ②剛床

    床には通常の約2倍もの厚さの構造用床材を使用し、水平耐力は従来の約3倍。風や地震など横方向から加わる力から家を守ります。

  • ③基礎パッキン

    基礎と土台の間に隙間を設け、床下の換気を行います。

  • ④ベタ基礎

    一般的な布基礎に比べて地盤に接する面積が約1.5~2.5倍。一般的な「布基礎」が建物の荷重を線で受け止めるのに対し、「ベタ基礎」は底全体に敷き詰めたコンクリートによって面で受け止めます。その分、荷重を広く分散させることができるので建物の安定感が増します。

  • ⑤土台

    土台は文字通り、建物の土台に用いられる構造材であり、家全体を支えるとても重要な部材です。

  • ⑥耐力壁(構造用面材)

    耐震性、耐水性に優れた構造用面材を採用。地震や台風に強い家をつくります。また、より高い耐震性も得ることができます。


    構造用面材

  • ⑦透湿防水シート


    透湿防水シート

  • ⑧制震ダンパー

    耐震工法に加えることで、地震の揺れを吸収する制震装置「αダンパー」を搭載しています。

ハイパーモノコック工法

従来の軸組工法と壁パネル工法を組み合わせ、両方の長所を併せ持つ「ハイパーモノコック工法」を採用。
パネル(構造用面材)で柱、土台、梁を強力に固定することで、箱のように一体化し、地震や台風など外から強い力を受けた場合も、
面全体で受け止め、バランス良く分散することができます。

高い耐震性

全棟《耐震等級3相当》を標準採用

「高い耐震性」と「強い耐久性」に加え、制震装置を搭載することで国内最高等級の耐震等級3相当を標準採用としています。
耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物がこの基準に相当します。

  • 建物全体の安定感をアップする『ベタ基礎』
  • 家を支える高耐力壁『構造用面材』
  • 地震に負けない安心部材『ホールダウン金物』
  • 水平耐力を保つ『剛床』

強い耐久性
  • 高い換気性能『基礎パッキン工法』

    基礎パッキン工法を標準採用。床下全体の換気を促し、換気性能は従来の換気工法の1.5倍以上。換気口を開けないので、基礎の耐久も損ねません。

  • 湿気や害虫をガードする『しろあり保証制度』

    腐朽菌やシロアリからの被害を未然に防ぎます。『しろあり保証1000』に加入しており、10年保証となります。

  • 湿気知らずの『通気工法』

    外壁内全体に透湿防水シートの層を施工し、その外側に通気層を設けています。万一、壁内に湿気が侵入した場合も、空気を常に循環させているので速やかに家の外に排出します。

  • 強度や透湿、性能にも優れた『透湿防水シート』

    標準仕様で採用している透湿防水シートは、防水だけでなく強度や透湿性能にも優れた素材です。

優れた耐火性

鉄と木材の加熱による強度の変化を比較すると、鉄材が800℃を超えると急激に強度が下がるのに対し、木材はゆるやかに強度が低下します。木材に十分な厚みがあれば、表面が燃焼して炭化することで中心部への酸素の供給を絶ち、結果、中心部の燃焼を防ぐことができます。

(参考)一般財団法人 日本木材総合情報センター《図11》鉄・アルミニウム・木材の加熱による強度の低下

SPEC & QUALITY_01
パルスタイルの家は耐震等級3相当!+α

アルファ ダンパー

地震が来た後にこそ、安心でいたい。
パルスタイルが考える『地震対策』で、暮らしに安心を。

今までの地震対策に、より確かな安心を。

かつては柱と梁、壁で建物を固くし、強い力で揺れに対抗する耐震工法が主でした。しかし近年は最低限の装備である耐震工法に制震技術をプラスし、より安全性を高めるという考えが広まっています。

※耐震等級3相当
住宅性能評価機関による耐震等級3の認定取得をご希望される場合、別途費用が必要になります。
  • 耐震
    建物を固めて、力で対抗する
    建物を固くして地震エネルギーに「力で対抗する」という考え方を耐震構造といいます。建物の強度を上回る強い揺れの場合、内部の構造が壊れて弱くなり、揺れやすくなる可能性があります。
  • 制震
    地震エネルギーを吸収する
    制震材などを利用して、建物の揺れを吸収する方法です。建物の構造を損傷から守ります。繰り返す揺れにも有効なので建物の性能を維持します、他の地震対策と比べて低コストなのも魅力です。
地震への不安をまるごと解消します!

「地震に強い構造」+「万が一の地震に備える保証」で長く安心して暮らせる住まいを実現しました。

▽施工例
私たちは地震大国と呼ばれる国に住んでいます。これからの家づくりは「ご家族の命」とともに、住まいという「財産」を守れることが大切です。私たちパルスタイルでは、耐震工法に加えることで地震の揺れを吸収する制震装置「αダンパー」をオススメしております。

SPEC & QUALITY_02
ダクトレス換気システム
【ツイン・エアー・フレッシュ】
第一種換気システム

省エネと施工性を重視した
新世代の換気システム

最大温度交換率91%。
熱交換換気の光熱費削減のメリットにプラスして
ダクトレスのメリットが加わった
新世代の換気システム。

熱交換のしくみ

本来、排気の際に失ってしまう室内の暖かさや涼しさを蓄熱体に移して、給気の際に再利用(熱回収)。
24時間室内をキレイな空気に入れ替えながら、冷暖房による消費電力をおさえることが出来ます。

ダクト配管できない場合でも
熱交換換気が導入可能

大きな吹き抜け空間やスキップフロアなどでダクト施工できない場合や、リフォーム時の既築建築への設置など、ダクト施工が難しい場合でも熱交換換気を導入することができます。

気になる外気の有害物質もシャットアウト

フィルターを前後2面に配置し、2種類のフィルターをご用意。有害物質を除去します。

SPEC & QUALITY_03
高い断熱性能で、さらに快適に。

地球にやさしい、
水から生まれた断熱材「ダルトフォーム」

ダルトフォーム

一邸一邸カタチの違う
注文住宅にピッタリ!

現場発泡断熱材
「ダルトフォーム」の特長

  • 完全ノンフロンで地球にやさしい
  • ノンホルムアルデヒド
  • 経年劣化が小さい
  • 遮音性能で騒音シャットアウト
  • 現場施工型優良断熱システム
  • 高い省エネ機能で経済的
  • 揺れや収縮を吸収
  • 隙間なく断熱材を充填
  • カビ・ダニから住まいを守る

SPEC & QUALITY_04
木造住宅の限界を超える、
ダイナミックな空間演出

木造の強度を高め、
大空間を実現する「Pal’sワイドスパン工法」

Pal'sワイドスパン工法

特長01 大空間を実現

▽ Pal’sワイドスパン工法 施工例

耐震性の高いPal’sワイドスパン工法とプランナーのコラボレーションが生み出すダイナミックな空間。

Pal’sワイドスパン工法を採用すれば材間の距離を広げ、すっきりとした大空間が実現出来ます。さらに、各室内の収納スペースを確保しやすいなどのメリットがあります。

特長02 ワンランク上の構造設計
  • 従来工法
    強度を確保するためにキッチン横に柱が必要。結果として大空間を感じる住空間にはならない。
  • Pal’s ワイドスパン工法
    最新金物と骨太の構造用集成材を使用し高い強度を維持しながら自由度の高い住空間を実現します。
特長03 金物工法「耐震接合金物」

Pal’sワイドスパン工法の接合金物は梁や柱の断面欠損が少ないため、高い強度を維持する事ができ、乾燥収縮の影響もほとんどありません。梁と梁、柱と梁、土台と柱をつなぐ重要な金物をPal’sワイドスパン工法では幾度ものテストを繰り返して選定し、シンプルなまでに洗練された強度のある構造体となりました。

パルスタイルをもっと知りたい方

家づくりのご相談・ご予約はコチラ


[明石オフィス]
0120-078-913
〒673-0892
明石市本町2丁目2-20
朝日生命明石ビル1F
詳細を見る

[加古川オフィス]
0120-079-420
〒675-0111
加古川市平岡町二俣
782-3
詳細を見る