阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

スタッフブログBLOG

吉田浩
2019.05.27
暑さが気にならない住まい

先週末は、全国的に暑い日が続きましたね。

全国で30度を超える真夏日となったみたいですね。

日本の北部にある北海道では『39.5度』を計測したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ5月後半なので暑さが続くことはないと思いますが、

寒暖差でカゼなどひかないように気をつけましょう。

 

こんにちは。PalSTYLE明石オフィス 吉田です。

 

自宅の玄関脇に木を植えてあるのですが、数日前からちょっとした出来事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝が少し低くなっている所に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野鳥が巣を作っていました!

 

先週あたりから、外出する際に、よく鳥が飛んでいくなぁと思っていたら、

巣作りしてたんですね。

過去にも作っていたことはあるんですが、毎回工事が中断し夏頃に外していたのですが、

今回は無事完成し、住み着いているようです。

しばらくは、出入りするときにはビックリさせないようにしようと思います。

 

家の周りには、あと何本か木を植えているのですが、作るのはいつも玄関脇の木です。

我が家は北向きの敷地なので、玄関は当然北側です。

その横の木なので、日当たりは限られた時間だけ差し込みます。

野鳥の巣なのでよくわかりませんが、確かに南向きに作って、日光の暑さでダウンしてしまうより

日陰になり風通しも良い場所なので、ヒナを育てるのに適しているのかもしれませんね。

 

 

PalSTYLEでは暑さをしのぐ断熱性能にも力を入れています。

 

 

 

 

 

 

優れた断熱性能と気密性で快適な室温を保ち、冷暖房費を抑えることが出来ます。

これから来る夏対策はもちろん、冬季の寒さにも対応しています。

 

お家を検討されるときに、多くの方が『明るい南向きの敷地』を希望されます。

確かに明るいですし、日当たりも良く心地よいですよね。

ただ、これからの真夏日・猛暑日を考えて、夏場の日差し対策を検討しておく必要があるかもしれません。

それに対して北向きの敷地は、日当たりを考慮して、最初から避けられる方もおられます。

 

北向き=暗い家と思われがちですが、決してそうではありません。

建物のPLANで工夫することで、明るく快適な住まいづくりが可能です。

 

当社の魚住モデルハウスは、北向きの敷地で南側には住宅が建っていますが、リビングには明るい陽光が降り注ぎます。

敷地条件を、プランや工夫でより良い暮らしをご提案できるモデルハウスを、是非一度ご覧になってみてください。

 

内覧のご予約はコチラ

 

それともう一つお知らせがあります。

PalSTYLEで建てていただいたお客様のお家の完成内覧会を開催します。

 

 

 

 

 

 

6月1日(土)2日(日)2日間限定で行います。

開催地:神戸市西区玉津町

詳細は明日UPされますので、ご来場をお待ちしております。

 

以上、明石オフィス吉田でした。

パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる