阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

東証二部上場KHCグループ

MENU

スタッフブログBLOG

加古川オフィス
2017.07.07
「無垢材」の柔らかさ、優しさについて

パルのスタッフブログをチェック頂いている皆様、お久しぶりです。

パルスタイルwestです。暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?私はこの蒸し暑い日々に、早くも参っております。

さて本日は「無垢材」の柔らかさ、優しさについて つぶやきたいと思います。

まず「無垢フローリング」とは何か?一言で表現すると「天然木の1枚板」のフローリングをそう呼びます。

他に「積層フローリング」や「複合フローリング」などがあり、3層構造になっており、変形しにくい・傷がつきにくい・床暖房が使えるなどメリットがあります。

参考にいくつかの「無垢材」をご紹介させていただきます。それぞれにメリット・デメリットがございます。ご覧くださいませ。

 

では、なぜ私はなぜお客様に「無垢フローリング」をおすすめしているのか?それは無垢材の持つ「柔らかさ」「優しさ」を感じて頂き また生活に取り入れて頂きたいからです。

私は以前アパレル業界に8年務めた事があり、洋服は当然好きなのですが「素材」にも興味がありました。私の好きな素材は「麻」や「綿」ですが、やはり一番は「絹(シルク)」です。シルクは別名「宝石」と呼ばれるぐらい人気があります。

私は「無垢材」とは「シルク」と同じ、「フロリーング界の宝石」だと思います。優しく丁寧に扱って頂きますと、長持ちもします。何よりも「木のあたたかさ」「木の香り」「気の柔らかさ」で和む事ができます。

あとお子様にも優しい素材です。化学的なものが混じっていないのが安心です。

今週末に播磨町古宮で「期間限定完成内覧会」があります。この邸宅では「ならの木」をフローリング材として選ばれておられます。一度お立ち寄り頂き、ぜひこの肌触りをご体感くださいませ。
 

それでは失礼いたします・・・ 

パルスタイルをもっと
知りたい方へ

~家づくりに興味のある方~
パンフレット・事例集
(無料)

物件のお探しはコチラ

ページのトップへもどる