阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

69OWNER's VOICE

K様邸アメリカ西海岸スタイル
縦長の土地を生かした間取り!

今回は、パルスタイルでこだわりの注文住宅を建築されたK様邸をインタビューさせて頂きました。

Q K様、こんにちは!素敵なアメカジ風のお住まいですね。
お二人は20代前半で、早くもマイホームを手に入れられたんですね!

K様(ご主人様)/実は、家を建てるきっかけがあったんです。両親から、「曾祖母の土地を譲るから家を建てたら」と言われて検討したのですが、そのエリアは僕たちの職場から遠いし、子どもの保育園の送り迎えにも支障が出てきます。この話を機に、「自分たちの家を持ちたい!」という気持ちは固まっていたので、結婚後、住んでいたアパートのエリアで土地を探すことになりました。

Q なるほど、そういう経緯で家探しが始まったんですね!初めに何をされましたか?

K様(ご主人様)/まずは住宅展示場に行きました。全国展開の住宅メーカーのモデルハウスを何軒も見ましたが、家の規模はかけ離れているし、値段が高く、「建てられるのかな」と不安になったほどです。室内も落ち着いた雰囲気で、カジュアルさを好む、私たちの趣味には合わなかったですね。帰宅後、早速、インターネットで、「アメリカ」「西海岸風」「モデルハウス」と検索キーワードに打ち込んだところ、パルさんのHPがヒットしました。

Q 私たち、パルスタイルは様々な住宅を設計している実績がありますからね!
アドバイザーや弊社のモデルハウスはいかがでしたか?

K様(ご主人様)/アドバイザーの方は感じが良く、丁寧に資金や家づくりのプロセスを教えてくれました。私たちは年齢が若い分、高い買い物をする際、相手から「冷やかしかも・・・」と思われて適当に対応されるケースがあるんです。ですが、パルさんからは誠意が感じられて、「信頼できる!」と思いました。連れて行ってもらったモデルハウスも暮らしが連想できるサイズと素敵な設計に感動しました。

Q ありがとうございます!土地はすぐに見つかりましたか?

K様(ご主人様)/会社も近く、数年後に子どもが楽に小学校に通学できる場所が見つかりました。
周辺では、スーパーや店が次々にオープンしているのも高ポイントでした。ただ、区画が正方形ではなく、縦長だったので、間取りのイメージが付かなかったのは正直な感想でした。

Q 不安は解消されましたか?打ち合わせはどのように始まりましたか?

K様(ご主人様)/はい。逆に縦長を生かした間取りでとても気に入りました。打ち合せでは、アメリカ風のカジュアルなインテリア、海が感じられる色など、私たちの好みを伝え、インスタで見た素敵な部屋をプランナーさんに何枚もお見せしました。さらにイメージを膨らませてもらうため、私たちが新居のために購入予定だった家具メーカーのソファやダイニングテーブルもお伝えしました。

Q 一番、こだわられたところはどこですか?

K様(ご主人様)/一番過ごす時間が長い20畳のリビングダイニングですね!一部の壁面に木材を貼りました。木の色調が浮き立つ矢羽貼りにしているので、空間にアクセントが出て、全体がグレードアップした感じ!大好きな家具やラグにもぴったりです。リビングは外から見えないようにウッドデッキとつながっているので、窓を開ければ心地の良い風が入ってきます。木の存在や香りにリラックスできますね。

Q 半年間住んでみてどうですか?

K様(奥様)/自分の好きな空間やモノに囲まれながら暮らす幸福感を味わっています。キッチンに立つ度、「おいしい料理を作りたい」と思うようになりました。
K様(ご主人様)/僕も妻に感化されてアメリカンな家具や雰囲気が大好きなので、毎日、会社から帰宅するのが楽しみです。また、真っ黒な浴槽にネイビーブルーの壁紙のトイレなど、我が家が非日常で新鮮です。アパート時代には出来なかった洗車も、思う存分できます。
スタッフあとがき
K様ご夫妻はよく建設現場を訪ねられ、「完成まで心待ちにしていた」と伺いました。この度、お宅に訪問し、こだわりが多い分、家を大事に扱って頂けているのだなと強く私たちに伝わってきました。今後も引き続き、メンテナンスや定期点検で伺わせて頂きます。ありがとうございました。
パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる