阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

スタッフブログBLOG

加古川オフィス 谷口晃一朗
2018.07.06
モデルハウスのつくりかた 

パルスタッフブログのご愛読者の皆様 お元気ですか

パルスタイルwestのタニグチです。

今週前半から降り続いております大雨。

皆様 大丈夫ですか

私は毎朝 車で新神戸から北神戸線~第2神明~加古川バイバスを利用して

通勤しておりますが、本日は全て通行止め。下道で2時間40分もかかりました!

お気を付けくださいませ。

さて、本日は「モデルハウスのつくりかた」と題してお話しさせて頂きます。

現在 パルスタイルwest管轄のモデルハウスは、当社ホームページの「モデルハウス」に

詳しくありますが、「平岡南モデルハウス」「別府モデルハウス」「播磨モデルハウス」と3つあります。

私は「播磨町モデルハウス」のモデル担当をさせて頂いたことがあります。

モデルハウス完成までの工程や苦労話を少しお話しさせて頂きます。

制作工程は以下のようになります。

①土地探し~②土地契約・引き渡し~③モデルハウスコンセプト決定~④会社へのプレゼンテーション・承認~⑤プラン作成~⑥建築確認取得~⑦着工~⑧建物完成~⑨家具・雑貨類購入、飾りつけ~⑩モデルハウス完成お披露目会

ひとつひとつが非常に重要な工程でありましたが、私の担当で大変だったのが①土地探しと③モデルハウスのコンセプト作成でした。

皆様は、モデルハウスの立地と聞いてどんな立地が良いと思いますか?

「大通り沿い」「交通量多い道路沿い」などがあるかと思いますが、確かに大通り沿いが良いのですが 明姫幹線の様に車がスピードを出し過ぎてる

道路より 信号待ちで目立つ場所や 車があまりスピードを出せない道路の方が立地としては良いみたいです。

いくつかの候補地の中から選んだ土地が現在の「播磨町モデル」の場所です。当時 播磨町~西二見間の新道が完成したばかりで車通りも増えつつあり、

播磨町役場も近く人通りもあり、すごく気に入ったことを覚えております。

③モデルハウスのコンセプト作成ですが、もっと砕いて言うとコンセプトとはテーマの事であり、これを決めたうえで外観・内観などをプランニング

していくものです。結局 約10数ページの企画書に10日間ほどかかりました。

「播磨町モデル」のコンセプトは「緑と太陽と共にgrow up(成長)する家と人」でした。

このモデルハウスに住んでいただきたい人物像(ペルソナ)を考えたとき、子育て世代のお客様>子育てに大事なもの>太陽の陽射し>大きな窓の家

という事で、「角地の特性を活かした明るいモデルハウス」を造りました。

あと⑨家具・雑貨類購入、飾りつけも以外と大変でした。数人でイケヤなどに行って、あの大きなカート5台分ぐらい雑貨、食器、タオルなどを購入するのですが

これが大変。さらに帰って飾りつけをパルスタッフみんなで行ったことを思い出します。

でも、大変だった分 完成披露会やオープンハウスでお客様にいい評価を頂くと非常にうれしく思います。

現在 パルスタイルWESTでは「稲美町」に新モデルハウスを計画しております。

11月ころ完成予定です。皆様 楽しみにしておいてくださいね。

 

今週末は、レジェンダリーモデルハウスで見学会&撮影会を行います♪

先週の別府モデルに引き続きレジェンダリーモデルでの開催です。

7/7(土)・7/8(日) 12:00~18:00

 

#をたくさん付けて\映える/写真を撮りましょう!(^^)!

モデルハウスの見学のみでも大歓迎です♪♪

たくさんのご来店お待ちしております♪

 

詳細はこちら↓ ↓ ↓

 

 

 

パルスタイルのインスタはこちらです!!
毎日更新をしております!お気軽にぜひフォローしてください♪
palstyle0827

 

 

 

 

 

パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる