阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

スタッフブログBLOG

加埜 隆太
2018.09.07
ネクサスワ-ルド

こんにちは、Pal STYLE 加古川オフィスの加埜です。

先日、研修で博多に行ってきました。

自由時間を使って久しぶりに建築探訪です。

訪れたのは集合住宅群ネクサスワールド(1992年竣工)。

建築家の磯崎新のマスタ-プランに基づき福岡地所が進めた開発の一部で、

国内外6名の建築家が競作したプロジェクトです。

参加している建築家は世界的に活躍する方ばかりなので見所はたくさんあったのですが、

中でもレム・コールハースが設計したレム棟・コールハ-ス棟は特に刺激的でした。

外観は4方道路によって隔絶された敷地を強調するように鎮座した2つの黒い箱が、

彼の手法の一つである「斜路」により空中に持ち上げられています。

 

2階部分の重たい外観とは対照的に、3階部分は軽く動きのある波打つ屋根がかかっています。

「斜路」は公道(パブリック)と住戸(プライベ-ト)をつなぎエントランスまでのアプロ-チを

セミパブリックスペ-スとして機能するように幅を広めに設計されています。

 

黒い箱には斜路以外にも幾つかの平面的な帯が挿入されていて、

採光・通風・設備スペ-スとなっていました。

共同住宅の為、セミパブリックスペ-スから先は見ることができませんでしたが、

各住戸の前庭は個性的で住み手のセンスが伺えました。

平面図で確認したところ、住戸は3層で構成されていて2階の黒い箱の部分は「寝室のゾ-ン」、

3階の波打つ屋根部分はLDK、中庭など「昼間のゾーン」になっています。

建築家の作品を見ると毎回発見があり、思考するきっかけにもなります。

特にコールハ-スは建築理論家としてもとても有名なので、脳への刺激が強すぎです。

機会があれば内部も見学したいものです。

 

さて、今週末PalSTYLE-west-ではローン相談会を開催します。

詳細はこちら↓↓

 

 

パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる