阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

BLOGスタッフブログ

明石店 中村広之介
2018.01.08
Pal STYLE 独自のPal’sワイドスパン工法
【 木造の大空間を実現する Pal’sワイドスパン工法 】

 

皆さん、明けましておめでとうございます! Pal STYLE 明石店の中村です!( ̄^ ̄)ゞ

本年もどうぞ宜しくお願い致します (・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

今回はPalSTYLEの工法に新しく仲間入りした【 Pal’sワイドスパン工法 】を少しご紹介させて頂きますね! (・ω・)ノ

 

【 Pal’sワイドスパン工法 】とは、

ひとことで言いますと、木造住宅の強度を高め大空間や大スパンを実現する工法のことです!

ワイドスパンのスパンとは、構造物を支える柱と柱(もしくは壁)の間の距離のことです!

Pal’s ワイドスパン工法で建てられた住戸は、採光面積を広くとることが可能になります!

また、廊下を短くして動線距離を短くすることも可能になります!

さらに、各室内の収納スペースを確保しやすいなどのメリットがあります!

最新金物と骨太の構造用集材を使用し高い強度を維持することが出来ますので安心です!

 

●吹き抜けや広々としたリビングなど大空間で暮らしたい方

●ライフスタイルの変化によって間取りの変更を検討されている方

●変形地や狭小地での建築をお考えの方

●インナーガレージやスキップフロアーを検討されている方

●許容応力度計算の裏付けにより高い安全性を確保したい方

 

【 許容応力度計算 】とは、
木造3階建や鉄骨構造で使用されている計算方法で、通常行われている簡易計算では建築設計士の知識と経験によって判断されていた項目や、
建物にかかるあらゆる条件(室内の重さ、地震、雪、台風など)において、短期的かつ長期的な観点から建物の安全性の確認を行う計算方法です!

 

まだまだ魅力がいっぱいの【 Pal’sワイドスパン工法 】

 

 

 

 

パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる