阪神間から神戸、明石、加古川、姫路エリアで
オリジナルの注文住宅なら
パルスタイルパルスタイル

OWNER's VOICE21

K様邸こだわりの雑貨を
杉のぬくもりが彩る

今回は、Pal STYLEでこだわりの注文住宅を建築されたK様邸を訪問させていただきました。

Q こんにちは。新しいお家での生活、いかがお過ごしでしょうか。お家とインテリアがステキにマッチされていて、とってもお洒落なお家になりましたね!!早速ですが、土地探しに関して、最終的にこちらの場所で決められたポイントはどこでしたか?

K様
ありがとうございます。まず土地ですが、妻の実家の加古川に近いことが前提としてありました。既存の住宅地に一世帯だけ入っていくというのは抵抗があったのですが、ここは閑静な住宅街でしたし、新規分譲区画だった事もあってこの場所に決めました。あと東隣が公園で日当たりが良好な事も決め手となりましたね。

Q 実際に今の場所で生活されていかがですか?

K様
日当たりも良く、静かなのがとても気に入っています。また、子供達が小さいうちは隣に公園があるのはすごく便利ですね。周りも新しい家なので「新しい街」といった感じが心地良いです。

Q プランナーに対してなど、打合せのエピソードで印象に残っていることがありましたらお聞かせください。

K様
こちらの好みを理解した上で、建具の取っ手の色に黒を選んでくれていたことや、当初はテレビの後ろだけに考えていたリビングの杉板の位置を変更してはどうかと提案を頂き、結果的にすごく良い雰囲気になりました。あと、提案を頂いて取り入れた「ピロティ」なんですが、実は住む前まで日当たりの面ですごく心配だったんです。ところが実際に住んでみると全く問題なく、逆にピロティにして良かったと夫婦で言っております。これから更に暑くなるので、より思うかもしれないですね(笑)。全体を通して、家のイメージを共有しコミュニケーションを取りながら、楽しく打ち合わせを進めることが出来て本当によかったです。

Q イメージの共有って本当に大事ですよね。プランに関して『ここはこうして欲しい!』など、こだわったところはありますか?また、完成した新居で最も気に入っている所がありましたら教えてください。

K様
リビングのこだわりは「折上げ天井」と「板張り」ですね。玄関も「吹き抜け」にして「アーチ型の小窓」を設けました。新しいお家で気に入っている所はたくさんあるのですが、特に愛着がわいているのは「リビングの板張り」と「寝室のウッド調壁紙」です。各部屋にテーマを持たせた空間が家具や小物とマッチするので毎日が楽しいです。

Q K様が思い描いていたお家になりましたか?

K様
なっています・・・が、まだまだ途上といった所でしょうか。家は建てたら終わりではなく、そこからがスタートだと思っているので、これから家具やインテリア小物を少しずつ揃えて、家を作り上げていきたいです。心配事や疑問点について、ひとつひとつ丁寧に対応して頂き、本当にありがとうございました。おかげで安心して家づくりを進めることができました。これからも引き続き宜しくお願いします。友人や知人で家の新築を考えている場合は、パルさんをぜひ紹介したいと思っています。
スタッフあとがき
その様におっしゃって頂けると私たちも本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。この度は貴重な時間を頂き、取材のご協力ありがとうございました。

ページのトップへもどる