阪神間から神戸、明石、加古川、姫路エリアでオリジナルの注文住宅なら

MENU

OWNER's VOICE10

H様邸自由な暮らしをつくる
Life Cordinate

高級感のある本物の素材穏やかな自然と自由な発想が調和した心地良いお宅に訪問致しました。

Q お家を建てることになったきっかけを聞かせていただけますか。

ご主人様
子どもが生まれることが分かった瞬間に家が欲しいと思いました。その当時住んでいた賃貸住宅では、生活音がとても気になっていて、子どもが生まれて音を気にしながら生活しなければならないことが嫌で、家を建てることにしました。私たち夫婦はともに田舎で育ちましたのでマンションではなく最初から庭のある一戸建てしか興味がありませんでした。

Q 家を建てる前はどんなお家にしたかったですか?

ご主人様
非日常的な倉庫のような外観が理想でした。 そういえば最初は外観のことばかり考えていて内装の事はまったく考えていませんでしたね(笑)。

奥様
本当は壁も白っぽいかわいい家にしたかったのですが、主人の希望を優先しました。結果的には満足しています(笑)。

Q お家づくりでこだわったポイントは何ですか?

ご主人様
やはり外観ですね。「倉庫のような感じ」「真四角な形」「黒っぽい色」この3点に集約されます。毎日帰る家なので中に入ってからではなく、入る前から家に帰ってきたんだという気持ちになりたくて見た目にもの凄くこだわりました。

奥様
外観やリビングなど主要部分は気づけば主人が決めていました(笑)。なので、キッチンの色と玄関を広くすること、それに洗面台の鏡を大きくする事は叶えてもらいました(笑)。

Q パルスタッフとの打合せはどんな感じでしたか?

ご主人様
アドバイザーの方の感じが良いだけでなく、どんな疑問や質問にも明瞭に答えてもらえたので頼もしく、何の不安もなく打合せが出来ました。実は家の何カ所かはアドバイザーの方に決めてもらいました。本当に信頼出来るアドバイザーの方だったので良かったです。プランナーの方も遅い時間からでも長時間私たちの希望を聞いていただくなど、同様に本当に良くしていただきました。この家はお二人でなかったら建っていなかったかもしれません。

Q 引っ越してから生活や、心境の変化などはございましたか?

ご主人様
寝るのが早くなりました(笑)。以前住んでいたハイツは壁が薄かったので、生活音が気になり熟睡出来ませんでしたが、引っ越してからは、戸建てであることプラス自然の多い住環境のおかげでとても静かですぐに眠たくなります(笑)。

Q お家で一番のお気に入りの場所はどちらですか?

ご主人様
リビングです。ウォーターヒヤシンスのソファに寝転び、吹き抜けから降り注ぐ光を感じる瞬間は何物にも代えがたいです。

奥様
キッチンが一番気に入っています。フルフラットのアイランドキッチンにしたので広く、料理をしやすくなりました。とにかくキッチンを使いたいので引っ越してからはほぼ100%お家でご飯をつくっています。

Q ご両親やお友達はもう招待されましたか?

ご主人様
はい。友人たちは家に入った瞬間、大きな窓とシーリングファンのある吹き抜けに驚き、リビングからウッドデッキへの抜け感に「モデルハウスみたい!」と言ってくれます。外観は「特殊だね!?」と言われることもありますが(苦笑)。

奥様
両親は「静かで子育てに良い環境だね」と言ってくれました。

ご主人様
どんな家にしたいかのイメージをしっかり持って設計の打合せに臨んだんですが、打合せの最中、アドバイザーの方・プランナーの方共に自分が本当に建てたい家を引き出してくれたので自分が描いていたイメージ以上の家を建てることが出来ました。値段も大事、素材も大事、デザイン力ももちろん大事だと思いますが、一番大事なのは家づくりのヒントを惜しみなく教えていただけて、自分の想像以上の家を具現化してくれる人がいる会社で建てることだと思います。そんな最高の出会いのあったパルスタイルを友達にも自信をもって紹介したいと思います。
スタッフあとがき
外観にこだわったお家づくりやアドバイザー・プランナーに対する想いを熱く語っていただいたご主人様。特に印象に残ったのは『豊かな人生を送るためには家づくりを経験していた方が良い』というお話でした。「家を持つ」ではなく「家づくり」との言葉選びに、ご主人様の注文住宅を建てられた満足感が凝縮されているようでした。お家づくりとご出産が重なった奥様は、外観やリビングはご主人様が知らぬ間に勝手に決めていたと笑ってお話しされていましたが、その笑顔からはご主人様同様の満足感が伝わってきました。生後5ヶ月のお嬢様は、長時間のインタビューでも終始ご機嫌で、雨が降る蒸し暑い気候の中、スタッフ全員がその笑顔に癒やされました。生まれた時からお洒落で快適なお家に住むことが出来ているお嬢様が羨ましい(笑)。H様、本日はお忙しい中、長時間本当にありがとうございました。

ページのトップへもどる