阪神間から神戸、明石、加古川、姫路エリアでオリジナルの注文住宅なら

MENU

OWNER's VOICE06

N様邸動物たちを見守りながら
家族の時間を大切に育む

今回はパルスタイル施工の「動物病院併用住宅」をご紹介いたします。7月21日に『ふじえ動物病院』を開業されたN様の病院とお宅にお伺いしました。

Q N様こんにちは。本日はよろしくお願いいたします。そして『ふじえ動物病院』の開業おめでとうございます。

ご主人様
ありがとうございます。

Q 開業されてこれからが大変だと思います。お体には十分お気を付け下さい。早速ですが病院をご自宅と併設にされた理由を教えて下さい。

ご主人様
実は明石市には現在動物病院の夜間救急はありません。インターン時代に夜間救急をしている病院にいたこともあり、人間と同じで動物も夜間に急に病気になったり怪我をしたりするものなので、いつでもすぐに対応出来る自宅併設にしたいと思っていました。

Q それは明石市で動物を飼われている方に朗報だと思います。ところでパルスタイルのことはご存知でしたか?

ご主人様
インターン時代は姫路や京都で暮らしていたので知りませんでした。自宅併設の病院を建てようと思いたくさんのビルダーや工務店のホームページを見ている時、パルさんのホームページでモデルハウスや施工例の写真を見てピンとくるものがあったのでコンタクトを取らせていただきました。実際病院はありませんでしたが、店舗付住宅の施工実績はお持ちだったことも頼もしく感じましたね。そしてアドバイザーの方、プランナーの方とどんな建物にするか相談しているうちに他の住宅会社に行くこともなく、そのままパルさんで病院と家を建てることにしました。

Q それはありがとうございます。N様の想いに100%応えることができたか一抹の不安はありますが、弊社も精一杯頑張ったと思っています。では、病院の内装はどのようにしたのか教えてください。

ご主人様
基本的には、コンサルタントに自分の希望を伝え、コンサルタントが考えたプランをプランナーの方に具現化していただいたのですが、プランナーの方のアドバイスで、治療時にスムーズな動線を確保したり、無駄なスペースを排除して限りあるスペースを有効利用することができたなど設計のプロならではのアドバイスをたくさんいただき、思っていた以上の病院にすることができました。

Q ありがとうございます。お家の住み心地はいかがですか?

奥様
部屋数は思っていた通りの数を確保できたので満足しています。また、バルコニーにネコの脱走防止用に格子を設置したのですが、お洒落で目隠しにもなったので結果的に良かったです。キッチンに洗面、トイレも明るさや広さを求めてつくりましたので気に入っています。あと、手を洗うことが多いので寝室の前にも手洗いを設置したことも良かったですね。

ご主人様
ほとんど家の間取りや仕様は妻に任せていたのですが、開放感のあるリビングの床の上で寝転んでいると疲れが取れて癒やされます。また、ネコを飼うようになって今回が4度目の引っ越しだったのですが、過去の引っ越しでは必ずどのネコかが体調を崩していたのですが、今回はみんな元気です。きっとネコたちも住み心地が良いと感じていると思います。

Q ご夫妻だけでなく、ネコたちにも住み心地が良いと言ってもらえた気がしてとても嬉しいです。では最後に生活や心境の変化があれば教えてください。

奥様
生活はガラッと変わりました。今までは仕事と家事とネコの世話とそれはそれで大変でした。引っ越してきてからは、病院の受付や薬の調合も行っていまして、家事とネコの世話を合わせると以前より忙しくなりましたが、自宅併設の病院なので時間調整がしやすくなりました。私たち夫婦と6匹のネコが理想とする空間で快適に暮らせていることは何事にも代えがたい喜びです。

ご主人様
今までは自宅と職場である病院とが離れていましたので、自宅のネコも入院中の子たちも両方どうしているのかとても心配だったのですが、今は病院にいても足音や気配を感じることができるし、休憩時間には自宅に戻れるので安心できています。
スタッフあとがき
喜んで頂けて私たちも嬉しく思います。N様本日はお忙しい中ありがとうございました。

インタビューを通じて、N様の動物への熱い愛情を感じることができました。明石市とその周辺でペットを飼われている皆様、愛する家族が病気や怪我の際は、自ら6匹のネコを飼い、動物が大好きな『ふじえ動物病院』へぜひ一度診察に行かれることをおすすめします。

ページのトップへもどる