パルスタイル

長期優良住宅の
家づくり長期優良住宅のご案内

これからの家づくり

家を建てるなら、地震に強く、省エネで
長く大切に使うことができる家を建てたい

長期優良住宅の認定には、一定の住宅の性能と、維持保全計画が必要です。長く安心して住める住宅を建てるため、耐久性・耐震性・省エネ性が高く、メンテナンスを適切に行うことができる住まいづくりを目的としています。

長期優良住宅で建てる家づくり

長期優良住宅とは?!

「長期優良住宅の普及と促進に関する法律」が平成20年12月5日に交付されました。
この法律は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅を普及促進するために制定されました。
法律の制定により、行政庁による「長期優良住宅」認定制度が創設。
一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画を作成することで、「長期優良住宅」として認定を受けることができます。
認定を受けた建物に対しては、税制面で様々な優遇措置が設けられています。

性能項目設定の基準(概要)認定基準に相当する
住宅性能表示制度の等級
劣化対策 数世代にもわたって住み継がれる家とするために、しっかりとした構造や骨組みを作り、その耐久性を保持できる対策がとられていること。 劣化対策等級3
床下・小屋根裏点検口
床下空間に330mmの有効高さを確保
耐震性能 極めて稀に発生する大地震に対し、倒壊しにくく、損害が少ない一定の耐震性を持つこと。 耐震等級2以上
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・装備について、メンテナンスやリフォームが容易にできること。 維持管理対策等級3
省エネルギー性 断熱性能など、一定の省エネ性能が確保されていること。 断熱等性能等級4
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。 -
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な基準規模を有すること。 75㎡以上

ページのトップへもどる