阪神間から神戸、明石、加古川、姫路でオリジナルの注文住宅なら

MENU

Pal’s ワイドスパン 工法木造の大空間を実現するパルワイドスパン工法

Pal'sワイドスパン工法

Pal’s ワイドスパン工法とは

ひとことで言いますと、木造住宅の強度を高め大空間や大スパンを実現する工法のことです。
ワイドスパンのスパンとは、構造物を支える柱と柱(もしくは壁)の間の距離のことです。
Pal’s ワイドスパン工法で建てられた住戸は、採光面積を広くとることが可能になります。
また、廊下を短くして動線距離を短くすることも可能になります。
さらに、各室内の収納スペースを確保しやすいなどのメリットがあります。
最新金物と骨太の構造用集材を使用し高い強度を維持することが出来ますので安心です。

こんな方におすすめです。

許容応力度計算とは、
木造3階建や鉄骨構造で使用されている計算方法で、通常行われている簡易計算では建築設計士の知識と経験によって判断されていた項目や、建物にかかるあらゆる条件(室内の重さ、地震、雪、台風など)において、短期的かつ長期的な観点から建物の安全性の確認を行う計算方法です。

特徴1 ワンランク上の自由設計

ワンランク上の構造設計により
思いのままの間取りが実現

Pal’sワイドスパン工法では余りある剛性に基づき、大スパンの開放的な間取りを構造計算により可能にします。また、この工法による剛性は、国土交通省の定める品確法(住宅品質確保の促進等による法律)の住宅性能表示制度において、構造に関する最高レベルの評価を得る事が可能です。例えば、通常の木造住宅ではできない大型乗用車が二台入る駐車場のビルトインも構造計算で行うことで可能となります。

Pal'sワイドスパン工法
充分な強度を誇るため両側の耐力壁が不要。結果として間口が広くなる。
従来工法
強度を確保するために両側に耐力壁が必要。結果として間口が狭くなる。

特徴2 金物工法

「耐震接合金物」
最新金物と骨太の構造用集材が
確実に強度を高めます

Pal’sワイドスパン工法の接合金物は梁や柱の断面欠損が少ないため、高い強度を維持する事ができ、乾燥収縮の影響もほとんどありません。梁と梁、柱と梁、土台と柱をつなぐ重要な金物をPal’sワイドスパン工法では幾度ものテストを繰り返して選定し、シンプルなまでに洗練された強度のある構造体となりました。

基礎接合部
基礎接合部
特に力が集中し易い一階の四隅の柱脚(通し柱に準ずる位置)は「NK1」金物を使用。基礎に緊結、最大50KNの許容耐力があります。
骨組み接合部
骨組み接合部
柱の断面欠損が少なく接合部の強度が高く、ドリフトピンにより、ガタがなく乾燥による影響がない。

Pal'sワイドスパン 施工例

ダイナミックな空間の実現に“Pal’s WIDE OPEN 工法”を是非ご検討下さい

ダイナミックな空間の実現に“Pal’s WIDE OPEN 工法”を是非ご検討下さい

パルスタイルをもっと知りたい方へ

パルスタイルの家づくりに興味のある方はこちら
イベント来場予約
モデルハウス見学予約

土地・住まいをお探しの方はこちら
パルタウン分譲地情報
物件セレクション

ページのトップへもどる