阪神間から神戸、明石、加古川、姫路エリアで
オリジナルの注文住宅なら
パルスタイルパルスタイル

BLOGスタッフブログ

巽洋平
2017.05.29
レベル測定・・・「明石市・西区・垂水区で注文住宅を建てるなら、Pal STYLE♪」

みなさま、こんにちは!

Pal STYLE明石店のです。

少しずつ、暖かいから暑い!っていう日が増えてきました。季節の変わり目は体調を崩しやすい時期です・・・体調管理はしっかりしていきたいですね(>_<)

本日は建築予定のお宅の敷地の造成工事が完成しましたのでレベル測定に行ってきました!

レベル測定とは、敷地と道路などの高低差を把握し建物をどの高さで建てるのかを決めるために必要な作業になります。

見た感じでは平坦にみえる敷地でも、いざ機械をつかって測定すると少しずつ勾配があったりする敷地もあります。

測定方法としては、レベル(測定機械)を敷地が見渡せる位置にセットし、基準となる場所を決めて、目盛りのついたスケールをもって、各ポイントを調べていきます。レベルから水平に出るレーザーによって、各ポイントの高さを測っていきます。

 

給排水の排水勾配や、駐車場の道路からの勾配、隣地との境界に土留めの必要があるかなどいろいろな検討を行います。隣接する敷地同士や道路と宅地の高低差が大きい敷地ほどより大事になってきます☆

建物を建設、計画する前にはこのような作業をおこなっています。

明石・神戸市西区でスタイリッシュな住宅を建てるならPal STYLEへ!!

Pal STYLEでは、モデルハウスをいつでも公開中です♪

皆様のお越しをPal STYLEスタッフ一同お待ちしております。

ページのトップへもどる