パルスタイル

アルファダンパー

地震が来た後にこそ、安心でいたい

私たちは地震大国と呼ばれる国に住んでいます。
これからの家づくりは「ご家族の命」とともに、住まいという「財産」を守れることが大切です。
私たちPal STYLEでは、耐震工法に加えることで 地震の揺れを吸収する制震装置「αダンパー」を 採用しております。

3つの地震対策工法

3つの地震対策工法

耐震工法+制震工法

αDamperのご紹介

地震の揺れを
効率よく吸収する制震装置

お住まいにαダンパーを分配装置することで、建物の粘り強さ(減衰力)を高め、繰り返しの耐震による耐力の低下を抑制します。

建物1棟まるごと粘り強くまるでガリバーを押さえる小人の様

コンパクト設計だからできる
効果的な分散配置

ダンパー配置例

  • ● 小型にて分散配置させることにより、内部へ集中配置するよりも効果を発揮します。
  • ● 筋かい部分、窓上のまぐさ部分、柱間1尺5寸にも設置可能で、より有効な配置位置に設置できます。従って、あらゆる建物形状・面積・階数に合わせてベストなバランス配置をご提案できます。

αDamperで、地震による損害額を確実に軽減

筋かいや構造用合板などの耐震工法にαダンパーをプラスすることで、
地震による建物の変異を約半分に抑え、損傷と損害額を大幅に軽減します。

施工例 写真

制震装置の設置と
地震保険について

壊れてから考えるか、損傷を抑える建物を検討するかをお悩みのお客様へ。

知っておきたい保険の知識

現在の建築基準にて建てられた住宅で地震災害による倒壊は、ほぼ無いと言われています。
しかし、震災による損傷を免れることはできません。
東日本大震災での記憶にも新しいように、繰り返される余震による建物へのダメージは甚大であり、
半壊もしくは全壊に至ります。その結果、多額の補修費用が発生するのです。

制震工法の「αダンパー」の住宅を是非ご検討下さい。

制震工法の「αダンパー」の住宅を是非ご検討下さい。

ページのトップへもどる