パルスタイル

AQUA PLUSパル独自の断熱工法

何を使っているの?
アクアプラスはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発砲材として利用しています。

どこが違うの?
繊維系断熱材(床)の吸放湿性に発砲ウレタンフォーム(壁、天井)の気密性遮熱シートの遮熱性をプラスしたハイブリッド断熱工法。


アクアプラス工法の6つのポイント
高い断熱性と気密性
複雑な構造の住宅も現場吹付けだから隙間なく施工できます。
また、自己接着能力によって躯体との間に隙間ができず、長期間に渡って優れた気密・断熱性を維持できます。 高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。
構造躯体内の結露防止
隙間の多い家は冬には家の中の湿気が壁の中に侵入し、夏には外気の湿度や日射により高温になった構造材から放出される湿気が壁の中に侵入し結露を引き起こします。 アクアプラスはその高い気密性と低い吸湿性により住まいの大敵である躯体内の結露、構造材の劣化を防止し、建物の耐久性を高めます。 また、壁の中でアレルギーの原因となるカビやダニが発生するのを防ぎ、長期間にわたって建物を健康な状態に保ちます。
静かな住空間・吸音性能
アクアプラスの細かな連続気泡構造は吸音性にも優れています。 高い気密性により、外部の騒音や内側からの生活音漏れを防止するとともに、アクアプラスの細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に拡散します。 外からの騒音や生活音の漏れを気にすることなく快適に暮らしていただけます。
換気システムの効率化
隙間から漏れる空気は換気ではなく漏気です。建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。 建物を効率的に換気するには、まず漏気の原因となる建物の隙間をなくし、気密性を高める必要があります。気密性があってはじめて、効率的、かつ計画的に建物を換気することが可能なのです。 24時間換気との組み合わせで、アクアプラスは健康的な空気環境を作り出します。
温熱環境のバリアフリー
アクアプラスはその高い気密・断熱性により室内温度差をなくし、冬のヒートショックによるトイレ、浴室、洗面所での心筋梗塞、脳梗塞を防止します。 段差のないバリアフリーの住宅も室内温度差を解消しなければ、高齢者が安心して 暮らせる本当のバリアフリーの住宅とはいえません。
人・環境への配慮
アクアプラスは環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡剤として使用しています。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因となる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。 暮らす人だけでなく、施工する人にも優しい素材です。
プラスになること
さらに、
アクアプラスオプションツール。
天井の断熱性能アップ
効果的に断熱性をアップ!
夏の日射熱の軽減や冬の断熱性の向上には 天井の断熱性能アップが効果的です。



(参考価格)天井吹付の厚み140mmへ変更の場合 2,000円/㎡(税別)
全面アクアプラス
さらに気密性と吸音性を。
アクアプラスに変更することで 隙間なく連続した断熱構造となり、 優れた気密性と高い断熱効果を発揮します。 また、吸音性も向上します。



参考価格)床断熱材をアクアプラス70mmに変更した場合 2,000円/㎡(税別)
気密測定
気密性に確信を。
気密性能の数値を確認するために、気密測定を有償にて実施しております。 現場発泡、現場施工で 隙間のない断熱工事を行い、施工後に気密測定を行うことで、安心の品質を実感して頂けます。



基準値を満たす事を証明する 高気密住宅認定書を 発行しています。

全熱交換型24時間換気 システム

空気を入れ替えるだけの換気とはちがう。

換気計画が重要なのは、なぜ?
近年の住宅は、一昔前の住宅に比べて気密性・断熱性が 向上するが故に結露やカビの発生、健康阻害などにつながることが 指摘されています。適切な換気計画は、シックハウス対策として 大変重要な役割を果たします。

全熱交換型24時間換気システムで
人も住まいも優しく守る。

(参考価格)4LDK標準プランの場合
(プランによります。) 318,000円~(税別)

澄んだ空気環境を生み出す。
居室で給気を行い、共用部(ホール・廊下)で 排気を行うため居室は正圧になり、塵埃や花粉 などが入りにくい住空間を作り出します。

無駄なく効率的に24時間換気
排気側に含まれる熱エネルギーを給気側に移す ので無駄なく効率的に換気できます。 熱交換効率は約65%で熱回収による省エネ効果 を高めています。

プラスになること
外気をクリーンに取り入れます。
高性能フィルターを備えているので、花粉 や粉じん・大気汚染等の汚れを除去し外気 をクリーンにして取り入れます。

室内の温度を快適域に保ちます。
シックハウス症候群を防ぎます
シックハウス症候群の原因の一部として、 家具や日用品から発散するホルムアルデヒ ドなどの化学物質の濃度を提言する効果があります。

室内の温度を快適域に保ちます。


高湿度や乾燥を快適に抑えます。


ページのトップへもどる